一定期間更新がないため広告を表示しています

評価:
近藤麻理恵
サンマーク出版
¥ 1,512
コメント:娘の人生変わりました★

JUGEMテーマ:婚活


主婦の王道、
『整理整頓術』、『収納術』、『お掃除術』
を配下に置き
それらを更に進化させた『断捨離術』なるものが
出現してから早数年…
お陰で、日本中のあらゆるお家が
シンプルで清潔感あふれるたたずまいへと
変わっていきました 嬉しい

その効果、今や日本だけでなく広く海外へも普及していて、
発案者の「こんまり」こと近藤麻里江さんは
昨年の米TIME紙による
2015年度版アーティスト部門の【最も影響力のある日本人】
に選ばれた事は、みなさんご承知のとおりです。
 

そのこんまりさんの『断捨離術』論のすごさを思い知らされたのが
我が家のひとり娘「汚ギャル歴」○年の彼女の変化です。
 
三人兄弟の末っ子のきのこには、二つ上に姉がおり
幼少期あらゆるものが『お下がり生活』でした 涙
 
待望の女の子が生まれた時、
自分が子どもの頃にあこがれ続けた『かわいい生活』を叶えるべく、
こども部屋から持ち物、衣類に関して
きのこの趣味で統一し、その取り扱いに関しても
一切合財きのこが仕切っておりました。
 
かわいい雑貨に囲まれた時間は至福のときであり
そのひとつひとつが愛おしくて
もはや娘のためではなく、きのこ自身のために
楽しんで整理整頓をし続けていました 感謝
 
結果、
娘の脳に「片づける」という概念が育つはずもなく
いつしか「汚ギャル」への道を歩いていました…

成人した娘の雑然とした部屋や持ち物に見かねて
ついつい片づけを始めてしまうおろかな母…
それに違和感を持たない娘…
 
完全にここ、子育て失敗してます(きのこ反省 がっかり
 
が、
お年頃になって、周りがバタバタと結婚しはじめた頃
ラッキーにも彼氏ができた彼女は
結婚への道しるべにこんまりさんの『断捨離術』を選び
ひたすら実践し、その効果を試すべく
突然ひとり暮らしを始め、
5畳に満たない狭い部屋を駆使して
シンプルかつ清潔な部屋を作りだし
見事に去年、やさしいだんな様をゲットしました ビックリ
 
これはもう、すごい事です。びっくり
TVでよく芸能人や専門家が「汚ギャル」の部屋を片付けて
本人に意識改革を促す番組がありますが、
意識の改革なんて、そうそう簡単にできるものではありません。
よっぽどの緊迫した状況に陥らない限り
難しいものです(きのこ経験談)。
 
たったの1回きれいな部屋を体験して、
芸能人に叱られたりほめられたりしても、
日常の生活には直結せず、またいつもの「汚ギャル」生活に
戻ってしまうのです なみだ
 
自分ひとりではなく、これから一緒に暮らす誰かとの生活が
『断捨離』を実践することで、
自分にとっても相手にとっても快適だと体感として分かった時
始めて意識が変わるのです。
 
きのこはそれを娘の変化で知りました キラキラ
 
『断捨離術』はいろいろな効果を生み出しますが
現在婚活まっただなかの方には
とっても効果的であることをお知らせしたいと思いました。
 
がんばって素敵なパートナーを見つけてくださいね ハート ハッピー
 
JUGEMテーマ:日々徒然

カルテと聴診器


先々週から1週間余り、娘の里帰り出産に伴い
お引越しの手伝いで山陰へ行っていました。


里帰り出産とはいえ、
喘息の持病がある娘の出産に対応出来る病院はこの島には無いため、
福岡の親戚の家にお世話になることになりました。


娘の妊娠が発覚した時、
ばあばとしての喜びは束の間、「どこで出産するのがベストか?」
という問題がすぐに浮かび、かなり悩みました。


通常はだんな様の元か、親元で里帰り出産のどちらかだと
思うのですが、現在だんな様は県外へ単身赴任中…。


親元であるこの地は、離島にて医療に問題あり…。

この島では、個人病院の産婦人科では
ちょっと難アリの妊婦は受け入れてもらえません。
医療体制が整わないので仕方がないと思います。

唯一の総合病院の産婦人科は
お医者様が福岡の大学病院から2週間毎に交代でみえられ
固定した常勤のお医者さまはいない状況です。

離島の病院で対応出来ない場合はドクターヘリが飛びますが、
飛行の許可に時間がかかったり
最悪悪天候の場合はヘリが飛ばない事も想定しておかなければ
いけません。

例えば今日の様に、この冬一番の寒波が訪れ
海上は大時化、船は朝から全便欠航です。
こんな日はきっとドクターヘリも飛ばないでしょう…

もちろん、この島で出産される方は数多くいらっしゃるので
特に問題がなければ里帰り出産も有りなのですが
母体に持病があるため、万全を期したいという親心もあり、
結局福岡の総合病院にて出産予定としました。


今回娘の出産に関しては、周りの温かい協力により
無事問題解決しましたが、
高齢の親を抱える身としては、
今後更にこの「離島の医療問題」については
深刻になってくると思います。

外の荒れる天気を窓辺で見ながら
真面目に考えるきのこでした…。


 
JUGEMテーマ:日々徒然
わが夫は、ねぎ大好き『ねぎお』君です。
どれくらい好きかと言うと、
例えばうどんにねぎが入っていないと
「パンツはき忘れたみたいにスースーする」
らしいです。

今朝10日くらい前に買った柚子みかん
2個ダメになっていて
「柚子が腐ってたあ〜」と叫んだら
「えっ、ねぎが腐ってたのあせる」と大慌てしたねぎお君…。

いえいえねぎは大丈夫です。
だって昨日実家の畑から収穫したばかりですから…

それより6個100円でゲットした
旬の柚子がダメになってた方がショックだったきのこ…がっかり

お味噌汁に入れても、お鍋に入れても etc
何に入れても途端にお上品な味わいとなって
大活躍の柚子。
料理ベタのきのこには
も〜正に「幸せの黄色い柚子みかんハッピー
残り2個、悪くならない内に
ガンガン使おうと思います。

それにしてもねぎお君
  ↓ ↓  ↓ ↓
どんだけねぎ好きやねんびっくり
JUGEMテーマ:日々徒然
社会に出てからというもの
日々精進するがごとく、ずーっと働いてきました。

色々あるけど、働く事が好き、未知の世界が好き、
そんなこんなで好奇心の趣くままに
結構色んなお仕事してきました。

今年の春まで、人生初の山陰暮らしを満喫していて
「終の棲家はここだあ〜」と
しっかり根を張るつもりだったのですが
両親が高齢となり、母の大病が見つかったため
実家のある九州の離島へ舞い戻って来ました。

お仕事大好きなきのこ…
「また、頑張って働こ!」
と、せっせとハローワーク通いを始めたのですが
あれれ…仕事がない???

 (>_<)

「春先だしね〜、夏には求人でるよね。」
と思いつつ、夏が過ぎ…
「秋には見つかるはず!」
と根拠のない自信は見事に外れ…
とうとう冬になってしましました。

(;一_一)

そう、ここは超過疎化が進む小さな小さな離島…
数年ぶりの故郷は
びっくりする程閑散としていて
人手が足りない様な活気あふれる職場など
どこにもなく…

気が付けば「職業いこ〜る主婦」…
主婦歴長い割には主婦業が解っておらず、
旬の時期に収穫を忘れられ
古木の裏にひっそりしがみ付くきのこと化しています。

が、今やネット社会…
検索すれば何でも出てくる、出てくる
主婦の皆さま方のすばらしい知恵が盛りだくさん…

しっかり参考にしつつ
自身の生活に合わせてカスタマイズしながら
ゆる〜く暮らして行きたいと思っています。

よろしくお願い致します。
1